トップページ > 【立花証券ストックハウス】新規口座開設プログラム☆

【立花証券ストックハウス】新規口座開設プログラム☆

成果地点 新規口座開設 成果報酬

2,200円

広告主 立花証券株式会社
期 間 2020年6月29日(月) 〜 終了日未定
サンプルバナー 【立花証券ストックハウス】新規口座開設プログラム☆

プログラムのご利用には、
提携申請が必要になります。

無料会員登録アフィリエイトをさっそく始める!

会員登録に関するFAQ

会員登録について

プログラム利用条件

  • ポイントバック
  • リスティング一部OK
  • 本人申込NG
  • 予算上限なし
  • スマートフォン
    最適化
  • 成果全承認
  • 即時提携
詳細条件 株式投資なら立花証券ストックハウス!

立花証券のインターネット取引部門「立花証券ストックハウス」口座開設プロモーションです。
株式、投資信託、先物・オプション、くりっく365FXなど幅広い取引をご提供しています。

◆2月3日約定分より信用取引手数料が完全無料になりました!さらに現引・現渡の手数料も無料です!(金利は据え置きです。)
  https://t-stockhouse.jp/s_url/0018

◆証券口座開設で現物株手数料が最大半年無料!
  https://t-stockhouse.jp/s_url/0009

◆無料期間が終了してもお得な通常手数料でご提供しています。
  https://t-stockhouse.jp/s_url/0016

◆投資情報紙「立花月報」を無料で提供中!
  https://t-stockhouse.jp/s_url/0013(サンプルあり)
  昭和33年11月に当社創業者である「独眼流」石井久によって創刊されて以来、60年以上続く歴史ある投資情報紙です。「株の専門店」だからこそできる独自の調査に基づいた質の高い投資情報をお届けします。

◆毎週更新の「会社四季報 最新銘柄レポート」が無料!
  https://t-stockhouse.jp/s_url/0014

※「立花証券ストックハウス」とは別サービスである「e支店」のアフィリエイトプログラムもご提供しています。当アフィリエイトを実施する場合は、サービス名「立花証券ストックハウス」「e支店」の別を明確に表示してください。
※上記URLよりアクセスされても成果計測できませんので、ご注意くださいますようお願いいたします。


【成果発生条件】新規口座開設完了
※立花証券株式会社のサービスを初めて利用され、WEB申込み後60日以内に口座開設をされた方が成果対象となります。
※成果対象サービス:立花証券ストックハウス
※お一人様1回のみの成果となります。
【 承認頻度 】月1回
※NGデータに該当する場合は自動的に否認済にカウントされます。
※サービスの特性上、上記より少々お時間をいただく場合がございます。
【 NGデータ 】不正・二重申込みなどの重複・虚偽・いたずら・電話、メール、FAXからの申込み・登録不備・WEB申込み後60日以内に口座開設に至らなかった申込み・リスティング違反・本人からの申込み・2回目以降の申込み・該当LP以外からの申込み・規約に同意されなかった申込み・アフィリエイト広告掲載におけるガイドラインに反する行為を行った場合・成果対象者以外からの申込み・成果対象サービス以外の申込み・既存利用者からの申込み・一度解約されてから再び口座開設をされた場合
【  備考  】ポイントサイト掲載可(付与上限500円)。本人申込み不可。
※提携申請が必要です。
【リスティング】リスティング広告掲載可。
※但し以下のワードではリスティング掲載不可となります。
※NGワード:企業名、マーチャント企業様に順ずる商標、商品名に関してのリスティングワードすべて(英語、カタカナ、ひらがな表記、複合ワード含む)。
 もしくはそれを想起される言葉を用いてのキーワード広告も禁止対象となります。
【 注意事項 】アダルト、ギャンブル、公序良俗に反するサイトへの掲載は禁止させて頂きます。
▼サイト内で当社サービスを記載いただく際のご注意
掲載いただいた後に下記に該当する内容を確認した場合には、提携を解除いたします。
・手数料や証拠金について、当社HPに掲載の内容と異なる内容で掲載
・過度に取引を誘引するような記載
また、アクティブコースやロスカットに関して記載する際には、下記内容の注意文の記載をお願いします。
【アクティブコース】
・取引の期限(新規建→決済)を日中立会、夜間立会の各セッションに限定
・ロスカットルールを適用
【ロスカット】
・ロスカット機能は、損失を限定するものではない。
・相場の急変時や流動性が低い等の理由により、ロスカットの決済注文の全部または一部が約定しない場合等、
 損失を一定の範囲に抑えることができない、または受入証拠金を上回る損失が発生するおそれがある
・ロスカットの判定は、立会中の一定間隔ごとに行われるため、損失を一定の範囲に抑えることができない、または受入証拠金を上回る損失が発生するおそれがある
なお、立花証券のアフィリエイト広告にご参加いただく際には、以下のガイドラインの遵守をお願い申し上げます。
【アフィリエイト広告掲載におけるガイドライン】
  https://t-stockhouse.jp/s_url/0015